資格でキャリアを高めよう

1級と2級の資格

工事の計画書を考えたり、作業員に仕事を指示したりするのが監督の仕事です。
そして監督になりたいなら、建築施工管理技士の資格を取得してください。
建築施工管理技士には、1級と2級が存在します。
2級だけでは、建物の建設工事と解体工事の場合でしか監督になることはできません。
他の工事でもオールジャンルに対応できるようになりたいのであれば、1級の資格を目指しましょう。

1級の合格率は40パーセント、2級は50パーセントほどと言われており、どちらも簡単に取得できる資格ではありません。
建築業界に就職したい時は有利に働きますし、建築施工管理技士の資格はキャリアアップにも関係してきます。
高い地位で活躍できるよう、早めに資格を取得しましょう。

キャリアアップのメリット

会社でキャリアを高めるためには、たくさんの経験を重ねることが大切です。
資格がなければできない仕事も多いので、キャリアアップしたい人は、建築施工管理技士の資格を得ることを目標にしましょう。
キャリアアップすると、実績に見合った給料になるというのがメリットです。
責任感が大きく大変な仕事を任されますが、それでも高額な給料をもらえると嬉しいでしょう。

稼ぐことが働く目標になり、どんな仕事でも前向きに取り組めるようになるはずです。
作業後の達成感を味わえる面もキャリアアップするメリットですね。
自分が作った建物が、人々の役に立っている姿を見ると誇らしく感じるでしょう。
このようにメリットがたくさんあるので、資格の取得を諦めないでください。