役立つ資格を取得しよう

1級建築士の資格は難易度が高い

一言で建築士の資格といっても、3つの種類があります。
それぞれで可能な範囲の工事が変わるので、この機会に覚えておくとよいでしょう。
1級建築士の資格があると、どのような建物でも工事に取り組めます。
建物のサイズや、用途は関係ありません。

2級建築士の資格だけを持っている状態なら、小規模な建物の場合に限り工事ができます。
木造建築士の資格は小規模で、2階までの木造建築物の工事を担当でき、一般住宅を建てる際に活躍するでしょう。
ただ2級建築士や木造建築士の仕事だけでは、できる仕事の範囲が限られます。
幅広い仕事をするためには、頑張って1級建築士の資格を取得してください。
試験では学科試験と、課題に合わせて図面を作成する設計図面試験が行われます。

優秀だと伝えるための資格

どこの会社でも、優秀な人材を求めています。
自分が条件に合う人材だと、アピールしなければいけません。
たとえ実力や知識を持っていた場合でも、面接でそれが伝わらないと不合格になります。
わかりやすく自分が持っているスキルを伝えるためにも、資格を見せてアピールしましょう。

建築士の資格があることは、基本的な知識を持っており、さらに1級建築士の資格なら数年の実務経験があることをアピールできます。
信頼感が増すので、採用されやすくなるでしょう。
このように有利に就職活動を進めるためにも、資格があれば有利になります。
特に重宝すると言われる、1級建築士の資格を目標に勉強を頑張りましょう。
国家資格なので難しいですが、勉強を積み重ねれば合格も見えてくるでしょう。