建築業界で活躍!有利になる資格って?

建築業界で重宝される資格をピックアップ

建築士になることを目指す

最も大切だと言われるのが、建築士の資格です。
この資格を持っていると建物を設計したり、工事に取り組んだりできます。
資格がなければできない仕事も多く、建築業界の仕事を目指している人は取得してください。
中には資格がなくても、働ける会社が存在しています。
できる範囲の仕事が限られるので、うまく活躍できないかもしれません。
自分をアピールできるポイントがなく、採用してもらえない可能性があります。
資格があった方が、アピールできますし有利に就職できると覚えておきましょう。

例えば建築施工管理技士の資格があれば、現場で監督の立場になれます。
みんなをまとめる仕事ですので大変ですし、責任感が大きいですが、仕事が無事に終わった時は達成感を味わえるでしょう。
また立場が上になることで、給料がアップするメリットを得られます。
建築施工管理技士の資格は、キャリアアップするために欠かせない資格の1つだと言えるでしょう。

電気に関係する資格も、建築業界で活躍します。
電気工事は複雑で危険が多く、専門知識があり資格を持っている人でなければ担当できません。
電気工事士の資格があれば、仕事の幅を広げることができます。
どのような現場でも対応できるよう、資格を取得しておきましょう。
電気主任技術者という資格でも良いでしょう。
電気工事士と似ている名前ですが、それぞれでできる仕事内容が変わります。
どの資格を持っていると何の仕事ができるのか明確にして、それから取得する資格を選びましょう。

役立つ資格を取得しよう

建物の設計や工事ができるように、建築士の資格はいかがでしょうか。 ずっと建築業界で働くなら、必須の資格だとも言えます。 建築士は3つの種類があり、木造建築士が最も簡単で、1級建築士が最も難易度が高いです。 1級建築士になれば、どのような建物でも工事ができます。

資格でキャリアを高めよう

ずっと建築業界で働くなら、どんどんキャリアアップしたい人が多いでしょう。 そのためにも、資格が必要になります。 みんなをまとめる監督的な立場になれる、建築施工管理技士の資格を取得してみてはいかがでしょう。 キャリアアップすると高い給料を得られ、前向きに仕事に取り組めるようになるかもしれません。

専門的な工事を担当

工事では、どこかで電気を使う場面が訪れます。 電気関係の工事は1歩間違えると大きな事故に繋がるので、専門知識と技術を持っている人しか担当できません。 そのような時に効果を発揮するのが、電気工事士の資格です。 より幅広い仕事を担当するためには、必須の資格だと言えるでしょう。